作曲家 福嶋 頼秀 

作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

ブログ・エッセイ
HOME プロフィール 活動実績 ブログ・エッセイ レッスン お問い合わせ
ブログ・情報
2017年10月
<< 09月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
アーカイブ

キッズソングのコーラス、赤ちゃんが録音?! 2017-9-7

ただ今、進行中のちょっと変わった企画があります。

・・・以前に作曲した【キッズソングを、なんと〝赤ちゃん〟とその家族たちで録音】して音源化する、というもの(10から15家族くらいが参加予定か??)。

ということで今回は、福嶋がオーケストレーション/カラオケ作成/レコーディングなどを担当、みなさんに参考にしていただくデモ音源を、先日録音しましした。

そんな時は、自宅の仕事部屋をブース仕様にチェインジ!ご覧の様に、本物の赤ちゃんにもご出演?! いただきました。

ちなみに、こういう一連の作業では、私は音楽ソフトLogic Proを使用します。
このソフトだと、楽譜/オケ作成(=PC打ち込み)/レコーディング/ミックスが全て、一つのファイルで完結します。
例えば、レコーディング後のオケ修正なども、簡単に対応できます!

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM、ほか)

カテゴリー: a オーケストラ, c 歌・合唱・タレント, e キッズプログラム, g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

佐久の市民ミュージカルが熱かった!! 2016-11-14

11月13日(日)に佐久の市民ミュージカル『黄金之郷』が初演となり、観劇しました(主な曲のオケ編曲/音源制作を担当)。

江戸時代の郷土の史実(=市川五郎兵衛の用水開発)を、コミカルかつ感動的に描いた大作で、200人近い出演者/スタッフのほとんどが地元愛好家という、意欲作でした!!

市川五郎兵衛は群馬県出身で、私と同じ。舞台背景で象徴的に描かれた浅間山は、地元で毎日眺めていた山。いやぁー、胸が熱くなりました(^_^)

郷土の題材をエンターテイメント化し、地元の愛好家が一丸となって感動の舞台を創り、それを観て土地のファンが増える・・・それは、市民ミュージカルの一つの理想形、と確信したのでした。

外はすっかり、冬の準備が整った様子です

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー: c 歌・合唱・タレント, g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

佐久市コスモホールの市民ミュージカル、大成功! 2015-11-10

長野県佐久市のコスモホールにて、11/8(日)に開催の市民ミュージカル「ドリームエンデ国の物語」。
その編曲と音源制作をお手伝いしました。

当日の公演を観劇したのですが・・・
200人もの出演者、豪華なセットや衣裳、台本にお芝居にと、そのクオリティの高さにたいへん驚きました!

地方だから・・・なんて、思っていた私が甘かった??!

音楽・芝居・ダンスの地元の愛好家のみなさんと、最小限のプロのスタッフの力が掛け合わさり、佐久でなければできない 密度の濃い舞台が展開されていました。

その源となるのは、やはり、ミュージカル演出歴40年の奥村館長の采配。もう脱帽です!!

♪ # ♭

奥村館長、実は以前お世話になった「さくら和楽団」のプロデューサーでもあります。

そのメンバーも出演する 日本音楽集団の定期演奏会は、11/28(土)の13:30から、第一生命ホールにて。福嶋新作『郷』にもご期待ください!
http://www.promusica.or.jp/ticket/20151128_216.html

写真は、奥村館長・ステキな曲を書いた地元の作曲家のみなさんと

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー: c 歌・合唱・タレント, g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

『ムジカ・ピッコリーノ』のDVDと、デザイナー原田和香さんの個展♪ 2015-11-5

毎回とても面白い切り口で音楽の魅力を紹介するEテレ『ムジカ・ピッコリーノ』がDVDになるそうです!

福嶋もウインター・スペシャルの編曲をお手伝いしてます。(12/9発売)

どうぞチェックしてみてください。

♪ # ♭

ところでただ今、福嶋が作編曲・構成などを担当した音楽物語のCDを作っています。

今日はエンジニアの山田さんにCDのマスターをとても素敵に仕上げて頂いた後、デザイナーの原田和香さんの個展に行きました。

原田さんはCD・チラシのデザインほか、子ども向けの施設の内装なども手掛け、幅広くご活躍中。

会場には、音楽家や楽器の絵もたくさん!ご興味のある方、ぜひ府中のArt Space Croissantへ(11/11まで)

▲原田さんはご自身がチェロを弾くこともあって、会場には音楽家や楽器のステキな絵がたくさん

▲▼CD録音の時のスナップ写真。演奏者はもちろん、スタッフのみなさんも素晴らしい方ばかり!(撮影・出牛 天彦 氏)

カテゴリー: g レコーディング, h CD・映像・楽譜, ブログ | コメントは受け付けていません。

庄野真代さん『小さなくつ』吹奏楽版レコーディング! 2015-10-14

昨日(=10月13日)に、庄野真代さん作詞・作曲『小さなくつ』の吹奏楽版のレコーディングがありました。

『バンドジャーナル(10月号)』の 別冊付録楽譜として編曲した フレックス編成版の 録音なのですが、このシリーズは YouTubeの「ブレーン公式チャンネル」で、参考音源がアップされます。

尚美ミュージックカレッジ と 出版社のブレーンさん の協力によるもので、吹奏楽愛好家の方など、参考になりますので、ぜひご覧になってみてください。→こちら

♪ # ♭

さてその演奏は、SHOBIウインドシンフォニー。指揮の 佐藤 正人 先生の指導で、どんどん良い音になりました!

ヴォーカルも入るのですが、ボーカル学科2年生の 一圓 優子 さん と 海沼 みなみ さんが、庄野 真代 さんから直々のアドバイスを受け、メキメキと上達!

・・・若いってステキです(^_^)

録音も無事終了し、YouTubeに近日アップされますので、詳細はまた後日お知らせします! ぜひお楽しみに。

左から、ボーカル学科のお二人、福嶋、庄野真代さん、ボーカル学科の越川先生

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー: b アンサンブル, c 歌・合唱・タレント, g レコーディング, i TV・雑誌・新聞記事, ブログ | コメントは受け付けていません。

「酒呑童子」「たかこ」を、初レコーディング! 2015-8-14

8月13日(木)は、ルネ小平・中ホールで 日本音楽集団のみなさんとのレコーディング。

曲は、メゾソプラノ・青山 恵子 さんと 長唄三味線・杵家 七三 さんのソロによる協奏曲「酒呑童子」と、久保田 晶子 さんの 琵琶弾き語りによる「音楽物語・たかこ」の2曲(協奏曲の指揮は 海老原 光 さん)。

先日録音した〝こどもオペラ〟シリーズの楽曲とあわせて、お子さまから大人まで、気軽に、また本格的に 楽しめるCDを 制作しています!

リハ&録音では、ソロのみなさんの 表現の幅の広さ・作品の掘り下げの深さ にまず脱帽。
そして、福嶋作品を 何度も演奏している方々のアンサンブルは、一緒に音楽を創り上げる充実感にあふれ、満足の演奏・録音に して頂きました♪

今回の録音といい、〝こどもオペラ〟の録音といい、良き音楽家・スタッフの 多大なお力添えに、大いに深謝!
そう、みなさまあっての・・・なのです(^_^)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー: d 和楽器, e キッズプログラム, g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

NHKの509スタジオはとってもイイ音! 2015-8-4

先週は渋谷のNHKで、和楽器合奏のための『八声のコンチェルティーノ』を収録。
会場は、ご覧の通りとても大きな509スタジオでとてもイイ音になしました!

8/29(土)午前11時からのNHK-FM「邦楽百番」で放送されますので、どうぞお楽しみに(再放送30日(日)午前5時から)。

♪ # ♭

先々週は、代々木で開催の「子どもと舞台芸術 出会いのフォーラム」で、絵本の朗読と和楽器による『たかこ』の本番。
どちらも日本音楽集団の演奏で、気心知れた奏者による再演は、作品がとても生き生きと響きますねぇ(^_^)

そして来週も、同じメンバーでCD録音が!今からハラハラ・ドキドキ・・・いえいえ、これもワクワク、生き生きした音楽になるでしょう♪♪♪

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー: d 和楽器, g レコーディング, i TV・雑誌・新聞記事, ブログ | コメントは受け付けていません。

ルネ小平でレコーディング、「こどもオペラ」のCD発売か?! 2015-7-22

昨日(7/21)は ルネ小平でレコーディング。
構成と編曲(一部は作曲も)を担当している「こどもオペラ」シリーズの作品をたくさん録音しました!

いつもご一緒するキャストのみなさんが、キャラクターを存分に生かして歌唱・演奏して下さり、とてもよい仕上がりになりそうです。
そして録音後には、楽しいビデオ収録も!

さて、どんな楽器でどんな曲を・・・といった詳細は後日発表ですので、どうぞご期待くださいませ(^_^)

(SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM)

カテゴリー: b アンサンブル, e キッズプログラム, g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

きれいな音は〝おんげんのでんげん〟から?! 2012-5-27

こんにちは! だんだん気候が良くなり、ちょっと暑いくらいの日もありますよね。体調管理には気をつけて(^_^)

前回のブログでは、私が使っているスピーカーのお話をしました。そんなワケでして、リスニングの用途にあわせてスピーカーを選び、快適オーディオライフを送っております。

で、きれいな音で音楽を楽しむために、実は もう一つ工夫していまして・・・それは〝電源まわり〟・・・なのですが、とっても地味な話でして(笑)。 何のことかわかりにくいカモしれないので、今日のブログは 取り扱い説明書 ふうに?!

♪ # ♭

【1、タコ足配線は止めましょう?!】

タコ足配線ってケーブルがこんがらがったりして、結構ノイズをひろってしまうのです。そこで登場するのがパワーディストリビューターなるもの。これは電源を数台分に分ける専用機器です。

中央くらいの段の、〝黒いボディーに青字で「1.0」と表示されている機器〟がパワーディストリビューター

この機器の裏側に コンセントをさすソケットが8つあって、そこにAV機器やMIDI音源、エフェクター(=残響等をつける機器)などをつなぎます。私はこれを2台使ってますが、専用機なので電圧も安定し、ノイズも少なくなります〜♪

♪ # ♭

【2、アースはきちんと取りましょう?!】

はい、これもノイズ対策の基本〜。うちの仕事部屋には左下写真のようなアース付のコンセントを、4箇所 引き込んであります。

プラグの左右を正しく差して アースをちゃんと取ると、ノイズが減ります♪ パソコン類もけっこうノイズを発生しているので、そういう機器にも効果的!

ちなみに 仕事部屋は防音室になっていて、簡単なレコーディングもできるようにしてあります。で、部屋の内と外を ケーブルでつなげられるのですが、右上写真のような キヤノンケーブルが使えるソケットをつけてあります。

♪ # ♭

【3、環境にも配慮しましょう?!】

快適に仕事をするために、仕事部屋には大きな窓がつけてあります。明るく開放的な環境で、仕事もはかどる・・・ハズ(笑)

近所の公園の木々、隣の部屋の天窓の光、などが見えます〜

ちなみに ガラスは音をよく反射するので、防音室に大きな窓をつけると 音が響きすぎて、音響的には 好ましくないそうです。(カーテンを下げ、それを開け閉めすることで、残響の量を調節するのがベターだそうです。防音性能自体は、二重窓なので問題ありません。なお、この防音室は カワイ 製で、種々の注文に柔軟に対応して作ってもらいました。)

ですがまあ、ここは環境重視ということで 窓をつけ、気持ち良く 音楽生活を送っております♪

5月はカーネーションがとってもきれい
(NOKTON 58mm F1.4 SLII ほか)

カテゴリー: g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

ウッドコーンで快適生活♪ 2012-5-23

みなさん、お元気ですか? 私は今月 スケジュールに少し余裕があり、今話題の〝ときめき片付け〟をやってみたり、家中の床をワックスがけしたり、〝ある楽器〟のレッスンに通ったりと、久しぶりに 私生活を充実させております〜

♪ # ♭

そんな中 これまた楽しくトライしたのが、オーディオ機器のブラッシュアップ。機器を購入したり、配線を工夫してノイズ対策をしたり・・・・あぁ、なんと楽しいことよ!(と言っても残念ながら、高級オーディオを揃えている訳ではありません・・・笑)

で、オススメなのがJVCビクター製の「ウッドコーンのスピーカー」。ラジオやCD、MDなどのイージーリスニング用に、この度 購入したのですが、小さいボディーなのにリアルで臨場感がある、とても良い音がします。

▲左手前がウッドコーンのスピーカー。ヴァイオリンと比べると大きさがわかると思います

その仕組みの特長は「奥行きのある(=容積のある)木製のボディーに、音(=コーンの振動)を十分響かせている」ことだそうです。ヴァイオリンが、弦の振動をボディーに共鳴させて、豊かな音を出すのと全く同じ。なので小さくても、低音までとっても豊かに鳴ります。(こういうコンセプトのスピーカーって、意外と少ないのです)

ちなみに〝ウッドコーン〟とは、この木製のコーン(=振動して音を出す部分)のこと。コーンは普通は紙で出来ているのです。このウッドコーンですが、1way(=コーンが1つ)でもバランスのよい音がします♪

▲これがウッド(=木製)のコーン   こちらのスピーカーは、左がメインのリスニング用、右がシンセ等のミックス用▲

♪ # ♭

ところで、私がメインのリスニング用に使っているスピーカーは、3way(=コーンが3つ)のKENWOOD製。もう20年くらい使ってますが、自然で奥行きのあるとてもイイ音がするのでお気に入りです。今はこういったサイズで3wayのスピーカーって、なくなってしまいましたね。

また、シンセサイザーの音源などをミックスする時につかう モニター用のスピーカーはBlueskyの製品。これは2way+ウーハー(=超低音用のスピーカー)という組合せで、リアルですが細くない音がします。ただ、こういう組合せのモニター用スピーカーもなくなってしまいました・・・音のクオリティと大きさのバランスが良くて、使いやすいのですけど。

さて次回は、この調子で 我が家のスタジオの電源周りのお話でも・・・。

金環日食、盛り上がりましたねぇ。ちょっと曇っていたので、デジカメ撮影も簡単!

(LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.MEGA O.I.S. ほか)

カテゴリー: g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。
お問合せはこちらから
上に戻る