作曲家 福嶋 頼秀 

作曲家、福嶋頼秀は作曲・編曲、TVや舞台等の音楽制作、レクチャー、コンサートの企画構成等幅広く活動中

ブログ・エッセイ
HOME プロフィール 活動実績 ブログ・エッセイ レッスン お問い合わせ
ブログ・情報
2012年5月
<< 04月   06月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
アーカイブ

きれいな音は〝おんげんのでんげん〟から?! 2012-5-27

こんにちは! だんだん気候が良くなり、ちょっと暑いくらいの日もありますよね。体調管理には気をつけて(^_^)

前回のブログでは、私が使っているスピーカーのお話をしました。そんなワケでして、リスニングの用途にあわせてスピーカーを選び、快適オーディオライフを送っております。

で、きれいな音で音楽を楽しむために、実は もう一つ工夫していまして・・・それは〝電源まわり〟・・・なのですが、とっても地味な話でして(笑)。 何のことかわかりにくいカモしれないので、今日のブログは 取り扱い説明書 ふうに?!

♪ # ♭

【1、タコ足配線は止めましょう?!】

タコ足配線ってケーブルがこんがらがったりして、結構ノイズをひろってしまうのです。そこで登場するのがパワーディストリビューターなるもの。これは電源を数台分に分ける専用機器です。

中央くらいの段の、〝黒いボディーに青字で「1.0」と表示されている機器〟がパワーディストリビューター

この機器の裏側に コンセントをさすソケットが8つあって、そこにAV機器やMIDI音源、エフェクター(=残響等をつける機器)などをつなぎます。私はこれを2台使ってますが、専用機なので電圧も安定し、ノイズも少なくなります〜♪

♪ # ♭

【2、アースはきちんと取りましょう?!】

はい、これもノイズ対策の基本〜。うちの仕事部屋には左下写真のようなアース付のコンセントを、4箇所 引き込んであります。

プラグの左右を正しく差して アースをちゃんと取ると、ノイズが減ります♪ パソコン類もけっこうノイズを発生しているので、そういう機器にも効果的!

ちなみに 仕事部屋は防音室になっていて、簡単なレコーディングもできるようにしてあります。で、部屋の内と外を ケーブルでつなげられるのですが、右上写真のような キヤノンケーブルが使えるソケットをつけてあります。

♪ # ♭

【3、環境にも配慮しましょう?!】

快適に仕事をするために、仕事部屋には大きな窓がつけてあります。明るく開放的な環境で、仕事もはかどる・・・ハズ(笑)

近所の公園の木々、隣の部屋の天窓の光、などが見えます〜

ちなみに ガラスは音をよく反射するので、防音室に大きな窓をつけると 音が響きすぎて、音響的には 好ましくないそうです。(カーテンを下げ、それを開け閉めすることで、残響の量を調節するのがベターだそうです。防音性能自体は、二重窓なので問題ありません。なお、この防音室は カワイ 製で、種々の注文に柔軟に対応して作ってもらいました。)

ですがまあ、ここは環境重視ということで 窓をつけ、気持ち良く 音楽生活を送っております♪

5月はカーネーションがとってもきれい
(NOKTON 58mm F1.4 SLII ほか)

カテゴリー: g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

ウッドコーンで快適生活♪ 2012-5-23

みなさん、お元気ですか? 私は今月 スケジュールに少し余裕があり、今話題の〝ときめき片付け〟をやってみたり、家中の床をワックスがけしたり、〝ある楽器〟のレッスンに通ったりと、久しぶりに 私生活を充実させております〜

♪ # ♭

そんな中 これまた楽しくトライしたのが、オーディオ機器のブラッシュアップ。機器を購入したり、配線を工夫してノイズ対策をしたり・・・・あぁ、なんと楽しいことよ!(と言っても残念ながら、高級オーディオを揃えている訳ではありません・・・笑)

で、オススメなのがJVCビクター製の「ウッドコーンのスピーカー」。ラジオやCD、MDなどのイージーリスニング用に、この度 購入したのですが、小さいボディーなのにリアルで臨場感がある、とても良い音がします。

▲左手前がウッドコーンのスピーカー。ヴァイオリンと比べると大きさがわかると思います

その仕組みの特長は「奥行きのある(=容積のある)木製のボディーに、音(=コーンの振動)を十分響かせている」ことだそうです。ヴァイオリンが、弦の振動をボディーに共鳴させて、豊かな音を出すのと全く同じ。なので小さくても、低音までとっても豊かに鳴ります。(こういうコンセプトのスピーカーって、意外と少ないのです)

ちなみに〝ウッドコーン〟とは、この木製のコーン(=振動して音を出す部分)のこと。コーンは普通は紙で出来ているのです。このウッドコーンですが、1way(=コーンが1つ)でもバランスのよい音がします♪

▲これがウッド(=木製)のコーン   こちらのスピーカーは、左がメインのリスニング用、右がシンセ等のミックス用▲

♪ # ♭

ところで、私がメインのリスニング用に使っているスピーカーは、3way(=コーンが3つ)のKENWOOD製。もう20年くらい使ってますが、自然で奥行きのあるとてもイイ音がするのでお気に入りです。今はこういったサイズで3wayのスピーカーって、なくなってしまいましたね。

また、シンセサイザーの音源などをミックスする時につかう モニター用のスピーカーはBlueskyの製品。これは2way+ウーハー(=超低音用のスピーカー)という組合せで、リアルですが細くない音がします。ただ、こういう組合せのモニター用スピーカーもなくなってしまいました・・・音のクオリティと大きさのバランスが良くて、使いやすいのですけど。

さて次回は、この調子で 我が家のスタジオの電源周りのお話でも・・・。

金環日食、盛り上がりましたねぇ。ちょっと曇っていたので、デジカメ撮影も簡単!

(LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.MEGA O.I.S. ほか)

カテゴリー: g レコーディング, ブログ | コメントは受け付けていません。

上毛新聞の記事『子どもに多様な音楽を』を執筆♪ 2012-5-10

だんだん新緑の色が鮮やかになりましたね。みなさん、ゴールデンウイークの疲れはとれましたか?

さて先日(5月8日)、私の地元・群馬の上毛新聞の朝刊に、福嶋が執筆した記事が 掲載されました。「視点、オピニオン21」という欄で、『子どもに多様な音楽を〜感性育む工夫盛り込む〜』というタイトルです。

♪ # ♭

私は、子供向けのコンサートや教育プログラムの構成・作編曲・司会などを時々やらせて頂くのですが、そういう時に感じている事をまとめてみました。NHK『おかあさんといっしょ』の歌のおねえさん などを務め、たくさんのコンサートに出演して活躍中の、つのだりょうこ さんのお話なども盛り込んでいます。

上毛新聞のホームページにも記事がアップされていますので、どうぞご笑覧くださいませ!

カテゴリー: e キッズプログラム, i TV・雑誌・新聞記事, ブログ | コメントは受け付けていません。

ゴールデンウイーク名物?!群響『森とオーケストラ』 2012-5-7

今年も4月29日(祝)に高崎市の〝群馬の森〟にて、『森とオーケストラ』というピクニック・コンサートが開催されました。当日は晴天となり、ほんとうに多くの方が家族連れなどで訪れ、とても楽しい音楽会を満喫していました。

♪ # ♭

オーケストラはもちろん、群馬交響楽団です♪

コンサートは三部構成。第一部では『フレンチ・カンカン』『軽騎兵』などの耳馴染みのよいクラシック音楽が演奏されました。オーケストラのメンバーにも ご家族連れで参加している方も多く、楽しい雰囲気が ステージからよく伝わってきました。

第二部は「あなたもメイ指揮者」なるコーナーで、7人のお客さまがオーケストラを指揮。迷演&爆笑のステージに?!

このコンサートは毎年開催され 今年で第33回目なのですが、このコーナーはなんと30年以上前から続いています!!なので、群馬県での浸透度は抜群で、県内では「森とオーケストラに行ってきたよ」「今年はどんな人が指揮したの?」という会話が 本当に成立するのです〜。

♪ # ♭

高崎市少年少女合唱団のみなさん、ハモリも振り付けもバッチリでした!

第三部を盛り上げてくれたのは、高崎市少年少女合唱団のみなさん。『翼をください』『手のひらを太陽に』やAKB48の曲などのお馴染みのナンバーを、元気いっぱいの歌声で歌って会場を沸かせました♪

写真をご覧いただくとわかるかもしれませんが、指揮者の 大井 剛史 さんも ノリ良く雰囲気を盛り上げます。大井さん 第一部ではワーグナーやヴェルディで オーケストラから素晴らしい音を引き出していましたが、第三部ではポップスのナンバーをカッコいいサウンドに仕上げていました。(拙作アレンジ2曲もとても良い音に。深謝!)

♪ # ♭

今年も大勢のみなさんが来場。お弁当を食べながら聴いても、もちろんOK!

この大規模なイベント、事前準備や当日の会場整備などの裏方も大変なのですが、毎年、高崎青年会議所のみなさんなどが大活躍で支えて下さっています。群響は県民のオーケストラとして、みなさんから愛されているのですね♪

(コンサートとは関係ないですが)乗り換えの高崎駅にて、D51が出発進行!

(TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(Model A005) ほか)

カテゴリー: a オーケストラ, c 歌・合唱・タレント, e キッズプログラム, ブログ | コメントは受け付けていません。
お問合せはこちらから
上に戻る